WEB版『かたち』 since1979

三好かがり

 

伝統的な螺鈿の技法を使って現代の都市の眺望を表現した漆芸作品が代表的です。
ここでは過去の代表作から、特にストライプ(縞模様)が印象的な作品をピックアップしました。

 

彩切貝蒔絵箱「Le Soir」

1988年 第35回日本伝統工芸展入選作 (撮影/斎城 卓)

 

初期のまだ具象性が強かった頃の作です。

 

彩切貝蒔絵箱「静夜」

1998年 第45回日本伝統工芸展入選作

 

ストライプの要素が少しずつ増えてきています。

それとともに、写実的から様式美への変化が徐々に出てきています。

 

彩切貝蒔絵箱「Midnight Session」

2001年 第17回日本伝統漆芸展入選作 (撮影/アートシード)

 

ストライプのモチーフを強く打ち出して、抽象性を高めています。

 

彩切貝蒔絵箱「黎明」

2004年 第51回日本伝統工芸展入選作 (撮影/アートシード)

 

何かかっちりとした印象ですね。

このあたりから、次のステップへの模索期に入っていくようです。

 

 

彩切貝蒔絵箱「City」

2015年 第32回日本伝統漆芸展入選作 (撮影/伊藤大輔)

 

余白とか間合いとか、縞の太さに変化をつけたりとか、従来の作風からの脱皮(あるいは飛躍)が感じられます。