【企画1】展覧会

「根源へ―『現代工芸論』から生まれてきたもの」展 PartT−1
  2015年6月16日(火)〜21日(日) 午前10時−午後6時
  清川泰次記念ギャラリー(世田谷美術館別館)

  
[出品者]
  多摩美術大学美術学科学生(講義「現代工芸論」受講者)有志

  穴見尚之(絵画科版画3年)・天沼雅史(工芸科金工3年)飯島暉子(絵画科油画3年)
  ・菅原央喜(彫刻科3年)
吉田麻未(絵画科油画大学院1年)


   【総評】はこちらで


   [出品作品とコメント]

穴見尚之
私は普段、木版を中心に制作している。木版は一言で言ってしまうと、彫って刷るというシンプルな作業。しかし決して底の浅いものではなく、むしろ奥が深く、底知れぬ魅力が木版にはあるように思える。
この展覧会では、『現代工芸論』で論じられた模倣することによって感じた作者の意志や、それを通して得た世界観などを基にした制作を試みる。
天沼雅史
ゴミでものを作る」と「いいものを作る」を合わせて、「ゴミでいいものを作る」ことを試みた。「ゴミ」は「ゴミ箱に廃棄されたもの」と決め、収集の結果、主にワインコルクを中心に制作した。写真の作品のほかに、サソリも作ったが、足、手、尻尾が動く自在置物をイメージした。
出来上がった時には今まで作った作品以上の達成感があり、工夫や加工の仕方を探索して学んだ技術が身についた。ゴミでいいものを作るとは工芸を極めるための一つの方法として大きな影響を与えてくれる、という結論を得た。

飯島暉子
この展覧会に参加することになり、改めて自分と対象となる物質との関係について考え直しました。
制作における作品の意図と使用する素材のもつ物質性との関係は、美大生のわたしたちにはよりいっそう身近な問題と捉えることができます。
わたしは日常で感じた様々な疑問をもとに、ものがその場に存在するということを主題に制作を行っています。ものそれぞれが持つ物質性を作品の中でどう活かすか、現代工芸論の講義がそれを考えさせるきっかけとなってくれたと思います。

菅原央喜
私は最近ではブリミティブな作品やそれに影響を受けた20世紀彫刻に関心をもって、自分の制作に繋げています。画塾等で受ける勉強では写実的でアカデミックな表現を学んできました。そこでは、立体作品として360°隙のない形、たとえば螺旋状に見せ場を据えるといった方法がとられていました。しかしプリミティブな作品やそれに影響を受けた近現代の作品は、非常に正面性の強い作品だとか単一的で妙に心にくる強さを感じ、人間の根源的なものの見方を体現してるものだと思いました。今はこうした作品を参考にデフォルメの選択や過剰な表現を試して、誰もがおもしろく観賞できる動物の作品をつくりたいと思います。
また日本人は平面的フラットなものの見方を好んできたと感じます。私はこのフラットなものの見方を彫刻に取り入れることできないかと思い、別な作品では、彫刻でよくいわれる回り込みの辻褄が合っているかという立体具象の定番なものの見方を廃して、作ってみました。
吉田麻未
生活のなかで、人との会話のなかで、自分の考え方や感じ方が以前とは違うと感じることがあります。10年前、1年前と比べれば何かしら変化していて当たり前かもしれません。しかし、数時間前や数分前とすら違うと思うことがあるのです。
時は止まることがなく、物質は目に見えない変化をし続けます。人も(物質的にも精神的にも)変化し続けているはずです。変化していると気づくことで、変化しないところ、本質的なところが意識されます。即興的なものではなく、疑問や気づきを深く掘り下げることで根源的なものを求めていきたいと考えています。



  [リーフレット]


リーフレット表紙