根源へ――『現代工芸論』から生まれてきたもの