やすらぎの「贈りもの」展            



 2009年1月23日(金)〜27日(火)
 可喜庵(小田急線鶴川駅下車)
[出品者]
うえやまともこ(木工・和歌山)  金子 司(やきもの・山口県萩市)
斉藤 衛(木工・静岡)  中野みどり(染織・東京)  濱口 恵(金属造形・東京)  
林 孝子(ガラス・岐阜)  堀内亜理子(漆器・北海道)  明善窯(やきもの・山口)



24日(土)サロンコンサート
 名倉亜矢子の中世(ゴシック)ハープ弾き語り
     〜ケルトが残した古い歌〜

  P.M.2:00〜  可喜庵にて(可喜庵へのアクセス)  
  会費:3,000円(お茶・菓子代含む)
※高校生以下の方は1,000円

  コンサートの後はティータイムがあります。
  無農薬の紅茶、ハープティー、3年番茶に、
  町田市の人気の高いパン屋さん「麦畑」のサンドウィッチ、
  焼菓子などをご用意いたします。
  名倉さんのやすらぎの歌声とともに、
  くつろぎの豊かな時間をご一緒したいと思います。
  マイカップご持参でお願いします。


[曲目](演奏順)
聖母マリアのカンティガ集より From "Cantigas de Santa Maria"
 ・聖なるマリア真昼の星  Santa Maria strella do dia
 ・聖なるマリアは上げられた Santa Maria leva
 ・大いなる奇跡 Gran dereit
グリーンスリーブス  Greensleeves
スカボロ・フェア  Scarborough Fair
カリフン Carrigdhoun
谷間にて Down by the Glenside
バーバラ・アレン Barbara Allen
トリ貝にムール貝だよ!  Cockles and Mussels
愛しい人よ、見にいこう  Mignonne, allons
サリー・ガーデンズ  Sally Gardens
ガルテンマザーの子守歌  The Gartan mother's lullaby
ロンドンデリーの歌 Londonderry Air
千の風になって


[名倉亜矢子プロフィール]
千葉市出身。ニューイングランド音楽院(米・ボストン)声楽科を演奏優等賞を得て卒業。国立音大音楽研究所研修過程を終了、バロック音楽の研鑽をつむ。
北とぴあ国際音楽祭において、バロックオペラ始め多くのプロジェクトに参加するほか、多くの団体でバッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルトなどの作品 のソリストをつとめる。
またアカペラや古楽器とのアンサンブルに力を入れ、中世・ルネサンスの演奏に多く携わっている。
これまでに「バッハ・コレギウ ム・ジャパン」「カペラ」「コンヴェルスム・ムジクム」「モーツアルト・アカデミー・トウキョウ」「東京ヴォイシズ」「ジョングルール・ボン・ミュジ シャン」はじめ、内外の古楽団体の演奏会や録音に参加。
また、リュートとのデュオによる演奏活動も行っている。
合唱の指導者としては、女声古楽アンサンブ ル「コルニクス」および「アルバ」を主宰するほか、人気女性アカペラグループ「AURA-アウラ」の歌唱指導も担当している。
2000年古楽コンクール 第3位。声楽をM. リンドハイマ、A. アゼマ、C. ヘイバー、鈴木美登里、室内楽をJ.  ギボンズ、古楽唱法を有村祐輔の各氏に師事。
2008年にソロアルバム「やすらぎの歌」をリリース、好評発売中。



CDをお求めの方はこちらのメールでご注文ください。
1枚2,800円 送料80円です。
お名前、ご住所、電話番号のご記入をお忘れなく。



[名倉さんからのメッセージ]
前半はスペインのガリシア地方に伝わるマリア讃歌で、
「聖母マリアのカンティガ集」という400曲を超える曲集の中から、
数曲演奏しようと思っています。
アラブの音楽の影響等を色濃く受けた音楽なのですが、
ガリシアはケルト人の地なので、ちょっと無理矢理かもしれませんが(笑)
「ケルト」つながりとさせていただき、後半のアイルランド古謡と
こじつけることにしました。
前半は、カンティガ以外にも、トロバドールと呼ばれる、
フランスの吟遊詩人たちが残した歌も入れるかもしれません。