HOME「美の用」を作る>大蔵達雄

    
  塗りもの大蔵達雄(おおくら・たつお)


                  
                                          お椀を刳るロクロ


                    生きたままの木の形を生かす。








          




























                                           
                                                       






















                                             大蔵達雄の作品についての
                                                        問合せは「かたち21」まで

     使い込まれた古い板に漆を塗った作品。美術品を置く台や折敷などに使える。
      作者はフ子(けいし)と名付けている。










































     食籠(じきろう)














                                        盆三種