年譜

1905年(0歳)   栃木県足利市に生れる

1920年(15歳)   南画を学び始める

1931年(22歳)   上京し、日本画家田中以知庵の塾生となる。3年ほどで帰郷

1936年(27歳)   再び上京。在京中、奥村土牛の許に塾生として通う

1943年(38歳)   帰郷

1948年(43歳)   生涯で唯一の個展を開く(足利信用組合楼上)

1961年(56歳)   右目がほとんど見えなくなり、手術を受ける

1965年(60歳)   右目摘出手術を受ける

1973年(68歳)   左目を摘出し、全盲となる

1983年(78歳)   逝去  絵は晩年まで描き続けた